沖縄と夫から離脱して再起を図るブログ

2018年決行予定。目指すはスムーズなDEPARTURE。夫に隠れて離婚準備始動!

セブンルールから学ぶ結婚しても価値ある妻になる方法

毎週火曜日夜11時に放送の「セブンルール」をよく見ています。

9月5日(火) | セブンルール | プログラム | 関西テレビ放送 カンテレ

毎回一人の女性をフォーカスし

その活躍とともに彼女が大切にしている7つのルールを見詰める番組。

今週は書籍からポスター、広告まで幅広いジャンルのデザインを手掛けるブックデザイナー佐藤亜沙美さんの物語でした。

不敵な笑みを浮かべながら全力で仕事に向き合う姿は

同性から見ても格好いいの一言

さらに夫で芥川賞作家の滝口悠生さんとの関係性も素敵で

滝口さんの作った料理に佐藤さんが文句を言っても涼しい顔を浮かべるほど余裕の仲なのです。

同じような状況でウチだったら「はぁ?だったらもう二度と作らんからな!」って

激昂しそう。というか120%マストですな…。

嫌なことがあれば「もう絶対しない!」ってすぐゼロにするの本当にやめてくれないかなー。

どんだけ失敗慣れしてないんだよー。

そんなんだったら、みうらじゅんにもエジソンにもなれないゾ★

ゼロか100かの思考はきちぃよー。

沖縄の美ら海で泳いでいるクマノミを見てごらん。

あの人たち中庸システムで夫婦生活絶好調だから。

…と話が脱線したので戻りますと、セブンルールを見ていていつも思うのは

彼女たちは結婚してもみんな軸がブレないこと

独身時代よりもやることが二倍になったものもあるし、できなくなったものもあるだろうけれど、自分なりの譲れない部分はきちんと守りつつ相手に理解を求めている。

仕事でも家事でも趣味でもいい。

ひとつでもふたつでも、自分が自分であるマイルールをキープすることで個性を失うことなく、その一方で相手のマイルールも許容することができるんだろうなぁ。

当然ながら夫婦生活を維持する上での責任はきっちり果たすのが前提ですけど。

夫と妻、夫婦でもうっすらと見えない境界線を引く方が強引な夫のジャイアニズムから逃れられるのかも。

良かれと思って夫に合わせ過ぎちゃうと境界線がなくなり「俺はお前?そうか!お前は俺のもんかー!」ってなっちゃうもんね。

人によっては汲んでくれるんだろうけど、みんながみんなそうじゃないよね。むしろそこまで殊勝な人に出会う確率はウミガメ見つけるレベル(沖縄の離島は別。島だったら結構見つかる!)って思った方がいいのかも。

私の場合は気付くのがかなり遅かったのですが、次は頑張る。

自分なりのルールを持ってブレない価値ある妻を目指します!

あなたのセブンルールは何ですかー?

ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村