沖縄と夫から離脱して再起を図るブログ

2018年決行予定。目指すはスムーズなDEPARTURE。夫に隠れて離婚準備始動!

休日自分が過ごしたいように過ごしたら夫が予想以上に動揺した

結婚して沖縄に移住して以来、
休日はほとんど夫婦で過ごしていました。
最初は知り合いが少なかったためで、
途中からは夫婦で副業を始めたから。

この先も沖縄で安定して暮らせるようにと、
休日は県内あちこち巡って副業に精を出していました。

なので休みという休みはあまりなく、
ずっと東京暮らしで免許を持っていなかった
私一人ではなかなか行動できず…。
免許を取りたいと夫に相談すると
「お金がもったいないし、俺が運転できるんだから取らなくていい」とアッサリ却下。
あの時、強引にでも免許取ってたら良かったよ…。

そんな倹約家の夫は食事も家食好き(野菜を食べれて安くすむから)、飲み会=無駄な経費と思う性格もあり、私だけが友人と飲みに行くわけにもいかず…。

懸賞を頑張ろう!と思ったのも
単に楽しいからではなくて
映画の試写会やイベントの招待券当選を口実に
遊びに行けるからなんです。
足がないので夫を誘わないといけないんですが…。

こういう事情があって休日は夫婦でずっと過ごしていたんです。
しかし最近は副業が軌道に乗り余裕ができたこともあり、思いきって一人時間を楽しむことにしました。

「今日はちょっと出掛けてくるね」
と言った時の夫の顔は
あきらかに動揺していました。

「え…?あ、あーそうなんや。
え、ええよ。俺も好きにするし。
なんなら夕食も別々にするか?」

ですって。最初はびっくりしたのに
すぐイキがり
「俺も前からそうしたかったしー」感を出すんですよね。
何もかもマウンティングしたい奴なんですわ。ちっさー

かくして今週末は書店で本を買い、その足で喫茶店にも行けたし、ゆっくり友人に手紙も書けました。

ちなみにすべての交際費は私が懸賞で当てた商品券や図書カードで払ったので実質ゼロ。
そんなにお金使って!共有財産から差し引いて考えるからな!なんて言われたら面倒なので(涙)

移住以来ずっとできなかった自分時間は
本当に最高でした。
エステとか服とか豪華フレンチなんて霞むくらい。

夫のペースに合わせて行動していたから
「あいつは俺がいないと何もできない」なんて
軽く見られていたのかもしれませんね。

妻のペースで過ごしてみたら
案外夫は調子狂うようです。
今日も当選した温泉プールでまたりしてますー