沖縄と夫から離脱して再起を図るブログ

2018年決行予定。目指すはスムーズなDEPARTURE。夫に隠れて離婚準備始動!

口論になると「離婚だ」を口にして勝利を収めるディベート王

遅ればせながら、

最近「たけのこ王」なる男性をテレビで拝見しました。

ご存知の方も多いかと思いますが、

静岡で幻のたけのこやら山菜やらを量産している

ピンク色のタンクトップを着こなすあのお方です。

彼を初めて見た時、その格好と静岡弁に衝撃を覚えたと同時に、

「夫に王の称号を付けるとすれば何だろう?」という

ささやかな疑問も生まれました。

しばし考えたのちに、頭に浮かんだのはこの王様でした。

うちの夫はディベート王。

ディベート、すなわち舌戦に長けている彼は

私と喧嘩をするとその才能をいかんなく発揮し、

縦横無尽に机上を駆け巡ります。

「今回は丁寧に分かりやすく説明したし、

私の方から改善案を出したから彼も少しは折れるのでは?」

と思う局面があったとしてもびくともしません。

その強度たるや鉄の如し。

私がどんなに下手に出ても泣いても、容赦なく崖に追い詰め

船越〇一郎ばりに生き生きと決めゼリフを浴びせるのです。

喧嘩の原因は少なからずお互いに非があるのだと思いますが

彼はその定義を一切無視し、すべての原因を私に押し付けて怒ります。

お互い好きで結婚したのに、なぜにこんなに優しくないのでしょう。

それは幼少期より両親から愛情不足で育ってきたのかもしれませんし

元来の優しくない性格が露呈したのかもしれません。

今まで出会ってきた男性の中で

ここまで愛のない怒りをぶつけられたことがないため驚き桃の木。

しかし、そんなディベート王にも弱点はあるわけで

頭をフル回転させて精一杯論理的に意見をしたところ

これは言い逃れ出来ないという好機が巡ってきました。

すると、王はどんな対応になるかというと

「うるさい!じゃあ離婚するわ!」

と高々と咆哮するのであります。

それはもうね、軽ーく言ってきますよ。

 「じゃあ、一周走って来るわ!」ぐらいのレベルで

「離婚すればいいだろ」とか「他の男のところ行ってこい」とか。

で、冷静になると「悪かった」とか言い出す。

これって立派な脅しですよね?

東京に住んでいる両親に心配をかけたくなかったので

最初は私から「離婚はしたくない」などと言っておりましたが

きっとその対応までも逆効果だったんでしょうね。

「離婚といえばこいつはビビる」なんて

妙な悪知恵がついてしまったのかもしれません。

 

お互い支え合い、成長しあえる夫婦になるのは本当に難しいですね。

ディベート得意な奥様、王とやりあえる方法がございましたら

ぜひともアドバイスしていただけますと嬉しいです。

まぁでも冷静になって考えてみたら
彼の舌戦は「離婚攻撃」が最終奥義のため
ディベート王にはふさわしくないような気もするけどね。