沖縄と夫から離脱して再起を図るブログ

2018年決行予定。目指すはスムーズなDEPARTURE。夫に隠れて離婚準備始動!

辛いときに辛さが2倍になるシステム

やめるときもすこやかなるときも
二人で支えあって生きていく。
この誓いは叶えられた試しがない。
例えば職場で嫌なことがあったとしよう。
締め切りが急遽明日に早まったとしよう。
大変だよ~とため息はこうものなら
「もう、ええやん」
キッパリシャットアウト!
その後は言わせねえよ!!
という意志を秘めた完璧なセーブを見せる。
その理由は
「愚痴とか悩みとか聞くだけで悪い気が
つきそうだから」とのこと。
私が愚痴を言うのなんて一ヶ月にあるか
ないかだぞ?
転勤で頼る人もいないのに10歳も離れてるんだったら大人の余裕見せろや~!
そんなに鉄の女を求めてるんだったら
寺、もしくはお仏壇のはせがわにGO★
ただし、いつでもなーむーな表情だけだけどな!
やめるときは各自で、
すこやかなるときは二人で分け合う
このシステム、どう思いますか?
もはやプライベートではなく
ビジネスパートナーな気がしてきた。
辛いときに相談すると辛さのオッズが2倍になるんだったら話にならんわ!
辛いの苦手な人に対して辣子鶏(ラーズーチー、今食べたい!)を
オススメした挙げ句
手首のスナップきかせて思いっきり
タバスコかけて出すような仕打ちだわ!
あー甘いの欲しいよー。
砂糖水でもいいから舐めたいよー。