沖縄と夫から離脱して再起を図るブログ

2018年決行予定。目指すはスムーズなDEPARTURE。夫に隠れて離婚準備始動!

坂上さんウチの夫にも言ってほしい!バイキングで明かされたコウメ太夫の自分可愛がりに震えた

地下アイドルとの交際&振られ騒動で注目を浴びているコウメ太夫さん。

昨日のバイキングではご本人と元彼女が揃って登場し、

コウメさんは直筆の手紙を読み上げながら復縁を迫っておりました。

再びご縁を結ぶことができるのか、彼にとって勝負の分かれ目だったにも関わらず

手紙にしたためた内容は謝罪だけでなく

たっぷりの言い訳と彼女のマイナス面も匂わせたもの。

「僕も悪いけどあなたも悪いところがあったよね」とテレビの生放送で

堂々と開き直ったのにはびっくりしました。

これにはさすがの坂上さんも「45歳のおっさんが言う?」なんて

呆れていましたが、それそれ!それをウチの夫にも言ってほしいよー!

夫婦の問題って第三者が介入しないから、どうしても弁が立つ方に押し切られちゃうんですよね。

「両親に相談する」と言っても「お前側の味方するだろ」ってなるし。

「カウンセリング行こう」と言っても「あいつらは金が欲しいだけでまともなアドバイスはできないから何も解決しない」とのこと。

Yahoo!知恵袋みたいなネット上の相談コーナーに関しても「こういうのは暇な主婦しか見ないんだから女の味方するに決まってる」ってことで即却下…。

一家に一人、坂上さんがいれば夫婦問題はかなり解決すると思うんだけどなー。

コウメさんの件にしても女性ではなく同じ男性の立場から「いい年なのに」と諭されているんだからぐうの音も出ないですよね。

公開プロポーズは成功するどころか器の小ささが露呈する結果に…。

夫もコウメさんも、40代で自分可愛がりはもうやめましょうよ。

私も気を付けるから。

自分を大切にすることと自分だけを可愛がることは同じじゃない。

彼女はこのことをきっかけに二人の関係を見つめなおし、「あ、こいつ駄目だ」って思ったんですね。

生き物としての本能なのか、彼女自身の学習能力からか。

どちらにせよ良かったです。

私は20代の頃その見極めができず、30過ぎてからようやく気付いたけどね…。

ちなみにこの一連の様子を眺めながら夫は「完全にこれは売名行為だな。良かったな彼女有名になって」と言っておりました。

ふふ、すごいでしょ?

有名になりたいんだったらもっと精一杯爪跡を残して帰るわ!

 

ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

セブンルールから学ぶ結婚しても価値ある妻になる方法

毎週火曜日夜11時に放送の「セブンルール」をよく見ています。

9月5日(火) | セブンルール | プログラム | 関西テレビ放送 カンテレ

毎回一人の女性をフォーカスし

その活躍とともに彼女が大切にしている7つのルールを見詰める番組。

今週は書籍からポスター、広告まで幅広いジャンルのデザインを手掛けるブックデザイナー佐藤亜沙美さんの物語でした。

不敵な笑みを浮かべながら全力で仕事に向き合う姿は

同性から見ても格好いいの一言

さらに夫で芥川賞作家の滝口悠生さんとの関係性も素敵で

滝口さんの作った料理に佐藤さんが文句を言っても涼しい顔を浮かべるほど余裕の仲なのです。

同じような状況でウチだったら「はぁ?だったらもう二度と作らんからな!」って

激昂しそう。というか120%マストですな…。

嫌なことがあれば「もう絶対しない!」ってすぐゼロにするの本当にやめてくれないかなー。

どんだけ失敗慣れしてないんだよー。

そんなんだったら、みうらじゅんにもエジソンにもなれないゾ★

ゼロか100かの思考はきちぃよー。

沖縄の美ら海で泳いでいるクマノミを見てごらん。

あの人たち中庸システムで夫婦生活絶好調だから。

…と話が脱線したので戻りますと、セブンルールを見ていていつも思うのは

彼女たちは結婚してもみんな軸がブレないこと

独身時代よりもやることが二倍になったものもあるし、できなくなったものもあるだろうけれど、自分なりの譲れない部分はきちんと守りつつ相手に理解を求めている。

仕事でも家事でも趣味でもいい。

ひとつでもふたつでも、自分が自分であるマイルールをキープすることで個性を失うことなく、その一方で相手のマイルールも許容することができるんだろうなぁ。

当然ながら夫婦生活を維持する上での責任はきっちり果たすのが前提ですけど。

夫と妻、夫婦でもうっすらと見えない境界線を引く方が強引な夫のジャイアニズムから逃れられるのかも。

良かれと思って夫に合わせ過ぎちゃうと境界線がなくなり「俺はお前?そうか!お前は俺のもんかー!」ってなっちゃうもんね。

人によっては汲んでくれるんだろうけど、みんながみんなそうじゃないよね。むしろそこまで殊勝な人に出会う確率はウミガメ見つけるレベル(沖縄の離島は別。島だったら結構見つかる!)って思った方がいいのかも。

私の場合は気付くのがかなり遅かったのですが、次は頑張る。

自分なりのルールを持ってブレない価値ある妻を目指します!

あなたのセブンルールは何ですかー?

ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

遂に免許を取るぞー!33歳の私が教習所に行ったらちょっぴりホラーな雰囲気だった

昨日にちょっぴり触れていた新たなイベント。

それは自動車運転免許を取ることなんですー!

「俺が運転するし、お金がもったいないから取らなくていい」

と夫から言われてずっと取らなかった免許。

今考えると教習所に通うのは面倒くさいし…という

自分の甘えもあったと思う。

でも沖縄はなんだかんだ車社会だし、

夫のペースではなく自分のペースで過ごすためには免許は必要不可欠!

「俺がいないと何にもできない女」と軽く見られないためにも

ここはもう取るしかない!

離婚したら沖縄から脱出して東京に住むので

結局はあまり使わないかもだけど

これは私の覚悟の表れなのだ!私は自立をするのだ!

と強い決意を胸にしまい込み、思い切って夫に相談してみました。

「弟が遊びに来るかもだから色々案内してあげたい。

費用は結婚前の自分の貯蓄から捻出する」

という理由をでっちあげて。

すると見事に商談成立!

今まで何も言わずずっと管理下にあったはずの妻が

突然免許取得に向けて動き出したので

「え?免許?あ、ああ、え、ええやん」

って驚いてましたけどね。

もう我慢しないよ!私は自分のペースを取り戻すんだ!

ということで念願叶い、自動車教習所へ初めて行ってきました。

入校式?適性検査?1教程?

と久々の"学校"は何が何だか分からず

10代や20代の若者に囲まれて緊張しながら

気付けばあっというまに終了。

終わってみたら糖分の使い過ぎなのか頭がフラフラ。

こんな刺激的な時間を過ごせるなんてとても貴重です。

ただ、ひとつ気になったのは私の通っている教習所があまりにも

昭和感が漂っており、さらに生徒数がめちゃくちゃ少ないこと…

入校式3人って普通ですか…?

教室はイイ感じでくたびれており、トイレなんか昔流行った花柄の布が

ふんだんにあしらわれていたよ…

昭和の花柄とは、ドアノブとかティッシュにカバーしてた奴ね。

黒電話とかテレビとかピアノとか。

逆に使いづらくなるのにどこでもカバーしちゃったよね。

 

そのあまりのレトロっぷりにほっこり♡するよりも

3人しかいないボロボロの教室の寂しさに恐怖を隠せなかったけれど

やるからには挑戦あるのみ!

10月には美ら海水族館に一人で行けるかな?

がんばりますー!

ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

サラバ通帳!預貯金口座を一本化させたら離婚後のお金の問題が少しだけ見えてきた

9月初旬。巷では夏休みが終わり

学校やら仕事やらせわしないと思いますが

沖縄は現在、お盆シーズン真っただ中。

こちらでは旧暦で行事を行うことが多いので

お盆の時期も旧盆が一般的なのです。

この時期はほとんどの会社がお盆休みとなり、

ホテルや飲食店などの観光業では働いてくれる

スタッフがいなさすぎて店長がワンオペになる悲劇も。

また、お盆の準備片付け要員として三日間働き続ける

長男嫁は超過酷です。

旧盆が近づくとマタニティブルーならぬ旧盆ブルーになる人が多いとか…

などと沖縄の旧盆事情を知ったように話しておりますが

移住者の私なんて蚊帳の外オブ蚊帳の外。

実際、渦中の人じゃないとリアルな感情は分かりませんよね。

夫婦の問題もそうですからね。

と長々書いてしまいましたが、

今日はそんな旧盆中にずーっとやりたいことがあったんです!

それは、気付かないうちに増えた銀行口座を解約すること!

いままで高金利キャンペーンに魅かれて

複数の口座を作ってしまいましたが(汗)

これを機会に一本化してお金の問題をクリアにする!

そのためには沖縄県内の会社が一斉に休む旧盆中がベストなんです!

お休みとはいえ市役所や銀行、郵便局は開いているので

どこ行ってもスムーズ~。

5分も待たないうちに番号を呼ばれて即解約!

合理主義の東京人としては超快感でした~

結局、ゆうちょ口座とメイン口座を残して

あとはすべて解約することに成功。

家賃や生活費のための口座は夫名義なので触っていませんが

現在の貯蓄と投資をすべて合わせた額が明確になり、

財産分与すると離婚後のお金がいくらになるのか

具体的に知ることができました。

数字を見ると気合が入ります。

引っ越しの費用や当面の生活費など、沖縄から東京へ帰って住まいを見つけるだけでもかなりのお金が必要になってきますが、それらを差し引いたとしてもまだ多少は大丈夫。

離婚に向けた準備はこれからですが、その第一歩は踏み出せたかな。

さらに実は明日、もう少し前進するイベントがあるんです。

そのご報告はまた改めてしますが、久々に緊張するー。

私も自分のご先祖様にウートートー(手を合わせてお祈りすること)しながら眠ります。おばあちゃんおじいちゃん、幸せになるよ!

ご一読ありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

休日自分が過ごしたいように過ごしたら夫が予想以上に動揺した

結婚して沖縄に移住して以来、
休日はほとんど夫婦で過ごしていました。
最初は知り合いが少なかったためで、
途中からは夫婦で副業を始めたから。

この先も沖縄で安定して暮らせるようにと、
休日は県内あちこち巡って副業に精を出していました。

なので休みという休みはあまりなく、
ずっと東京暮らしで免許を持っていなかった
私一人ではなかなか行動できず…。
免許を取りたいと夫に相談すると
「お金がもったいないし、俺が運転できるんだから取らなくていい」とアッサリ却下。
あの時、強引にでも免許取ってたら良かったよ…。

そんな倹約家の夫は食事も家食好き(野菜を食べれて安くすむから)、飲み会=無駄な経費と思う性格もあり、私だけが友人と飲みに行くわけにもいかず…。

懸賞を頑張ろう!と思ったのも
単に楽しいからではなくて
映画の試写会やイベントの招待券当選を口実に
遊びに行けるからなんです。
足がないので夫を誘わないといけないんですが…。

こういう事情があって休日は夫婦でずっと過ごしていたんです。
しかし最近は副業が軌道に乗り余裕ができたこともあり、思いきって一人時間を楽しむことにしました。

「今日はちょっと出掛けてくるね」
と言った時の夫の顔は
あきらかに動揺していました。

「え…?あ、あーそうなんや。
え、ええよ。俺も好きにするし。
なんなら夕食も別々にするか?」

ですって。最初はびっくりしたのに
すぐイキがり
「俺も前からそうしたかったしー」感を出すんですよね。
何もかもマウンティングしたい奴なんですわ。ちっさー

かくして今週末は書店で本を買い、その足で喫茶店にも行けたし、ゆっくり友人に手紙も書けました。

ちなみにすべての交際費は私が懸賞で当てた商品券や図書カードで払ったので実質ゼロ。
そんなにお金使って!共有財産から差し引いて考えるからな!なんて言われたら面倒なので(涙)

移住以来ずっとできなかった自分時間は
本当に最高でした。
エステとか服とか豪華フレンチなんて霞むくらい。

夫のペースに合わせて行動していたから
「あいつは俺がいないと何もできない」なんて
軽く見られていたのかもしれませんね。

妻のペースで過ごしてみたら
案外夫は調子狂うようです。
今日も当選した温泉プールでまたりしてますー

夫から飛び出た名言ヒット集!妻が選んだ厳選ベストテンを発表するよ

「俺は気持ちを口にするのが苦手だってずっと言ってるやろ(=だからこれ以上求めるんじゃねえよ)」と話す夫だが

私に対する怒りのボキャブラリーだけは豊富。

今回は最近発せられた捨て台詞を心のダメージ順に紹介するよ!

第10位

「お前よりもいい女なんて世の中にごまんといるわ!」

これは純粋にYes!と頷くしかない一言。

そりゃ同じ33歳でももっと美魔女はいるし、性格の良い女もいるけど

それはお互いサマーっすよ。でも自分は棚に上げてる感がパねえ。

さらにこのセリフには続きがあり「次はもっといい女と結婚するわ!」と述べてました。それは私も同じくだわ!って思ったけど同じ土俵には上がらねえよ。

第9位

「あいつ、たまにああやって癇癪起こすんだよ」

義父との仲がこじれた義母が我が家で数日滞在した際、夫と口論になりかけた場面での一言。

義母の手前、怒りを堪えて別室へ移動しかけた私に速球!

義母と二人ソファで寛ぎながら半笑いでチクる姿はまるで冬彦そのものでした。

木馬でゆらゆらし出したらどうしよう!

第8位

「お前なんか〇〇家にいらん!」

これもねーじわじわ傷ついたよねー。

何がショックかというと一つはそのまんまの意味だけど

もうひとつは夫の昭和レベルが想像以上にエグかったこと。

名家でも、長男でもないくせに

結婚したら嫁は婿家の所有物なんてマジで考えてるんすか?

こっちは実家から籍を抜くリスクを持ってまでして

あなたと新しい家庭を築こうとしてるんだよ。

むしろこんな暴言を吐く夫の方がウチの家にいらないわ!

第7位

「今だったらギリギリ大丈夫だと思うよ」

以前の記事で喧嘩になると夫はディベート王になることを

お伝えしたかと思いますが、

その際の決め台詞「お前なんかとは離婚だ!」と並行して生まれた

B'z のギリギリchopを彷彿とさせる一言。

「大丈夫だと思う」とか、めちゃくちゃ上から目線…

40過ぎのあなたは男だから余裕あるんすか?

それでも前に行くしかないんだから

大丈夫!僕の場合は~~

って稲葉さん!私も前に進むよ!

youtu.be

 

第6位

「前までは子どもが欲しいと思ってたけど

今はそんな気持ちに全くなれない」

私が離婚を決意したのはこの言葉が一番大きいのかもしれません。

33歳だし、そろそろ子どもが欲しい…と思っていた矢先に

仕事のストレスや義実家との関係などで消耗、夫との口論が絶えなくなりました。

嫁よりも義実家を大切にし、新たな家族を守れない人だから

もしもこの先頑張って関係を回復しても

すぐにシングルマザーになる可能性大。

子どもを産む女性側の不安や希望よりも

自分を優先する態度に失望しました。

あなたの気持ちを待ってたら私は産めない体になるかもよ?

私だけが夫の機嫌ばかり伺って「子作りしよ♡」

なんてどんだけ対等じゃないんだー!殿なのか!?

第5位

「どっか行って他の男に抱いてもらえ

第6位に続き、「子どもの事はどう考えてるの?」

と聞いたところこんな発言をキャッチ。

あのー、夫婦って確か貞操の義務がありますよね。

めちゃくちゃ覆す気満々ですやんー。

映画の「昼顔」見ても「え?これの何がいけないわけ?」とか

思ってるわけ?やる気、元気、正気ー?

それOKしたら逆に器大きすぎるよ。

でもそこまで言っておいて後からDNA鑑定するのはナシな。

第4位

「お前なんか死んだらいいのに

はいー。安定の暴言です。

悪意100%、混じりっけなさすぎて

なぜか「ボンボン」とか「コロコロ」読んでいた頃を思い出すよ。

あの頃、レッツ&ゴーとかドッジ弾平とか流行ったよね。

トルクチューンモーターとかブロッケンGとか。

私は烈、いや鷹羽リョウ派だった、かな…

って年が10離れてるからマンガの話が全然合わない―(涙)

第3位

基地外

ドドン!いやーこれもピュアですね。

ピュアだからこそ破壊力もすごいわけで

「君のことが好きだ!」と同じくらいのパワー持ってます。

第2位

「生まれる子どもが可哀そうだわ

私との愛の結晶は生まれながらにして哀戦士になるそうです。

そんな運命辛すぎるよ。

一体どこでその呪いはかけられたわけ?

私が呑気に寝てるうちにつぶやいてるの?

まさか織田無道に頼んでるわけ?

こんな冷酷非情な彼にはぜひ「そして父になる」を観てもらいたい。

弾丸飛び交うハリウッドばかり見てたらダメ!

第1位

「じゃあ離婚したらええやん」

夫の暴言ベストテン、記念すべき一位に輝いたのは

やはり「離婚すれば~」でしたね。

これぞ抜群の安定感。博多華丸・大吉なみに腰が据わってます。

そうだ 京都、行こう」ぐらいに収まるもんね。

「芸能人も結構離婚してるし」とか言っておりましたけど、

私たちって芸能人のように仕事が不規則だったり、動向が注目されてるわけ?

アーハーン?

こちとら沖縄の南国ライフなのに港区ぶってるんじゃねえぞ!

いつ那覇空港からレインボーブリッジが見えるようになったんだよ!

乗ってるのはユリカモメじゃねえ!

SuicaPASMOも使えないゆいレールだわ!

 

以上、最近の名言ヒット集でした。

改めて並べてみると吐くね吐くね~。

「自分の気持ちを口にするの苦手」って絶対嘘だから。

むしろ直球でいい球投げてっから。

こうやってたくさんの名言を並べてみると今、あなたとの辛い思い出が走馬灯のように蘇ります。

って葬儀の時流れる思い出DVDみたいになっちゃったので今日はここまで~。

ご一読ありがとうございました。

 

方言の壁がボディブローのようにきつい

生まれも育ちも東京出身の私は結婚するまで気付かなかった。

学生時代も会社員時代も関東圏で過ごしてきたから。

まさか方言の壁がここまできついとは。

今、私がつらいと思うことのひとつは関西人の「~やんな」。

なんだろう、あの兄貴風。

「そうやんな!」がもうダメ。

夫は大阪出身とはいえ東京で10年以上暮らしており、

出会った時はすっかり東京弁だった。

たまに「~やん?」を使うくらい。

しかも大阪の人=おもろの偏見をあっさり覆すサイレントマジョリティー。

友達と会う時だけ頑張っておちゃらけるけれど、

それ以外は面白いことをほとんど言わない人なんです。

それなのに結婚してからじわじわと関西感がにじみ出て来た。

特に目上の方と私たち夫婦で会う場合やお互いの両親と過ごす日は

兄貴風を吹かす吹かす。

いやーもうこれ横殴りの雨だから今出ていくと傘の骨折れちゃうよ!レベル。

その変貌に腹が立つ。

生まれ育った場所って大切ですね。

関西では関東の男たちの「~だよね」がナヨナヨっとしていて気持ち悪い!

と思っているのをよく聞きますが

私にとってはとても紳士的で優しそうに聞こえるんです。

「カレーはセットにしていいよね?」

「カレーはセットにしていいよな?」

例文下手すぎるけど…私は断然Aがいい!

もちろん関西弁が嫌!って全否定しているわけじゃないんです。

テレビのお笑い芸人を見ても別になんとも思いません。

ただ私や私の弟など、自分より下だと思う人にだけ関西弁を使ってイキるのはNG!

本人は「嫁を従えてるぜぇ~。俺がこの家の中でトップなんだぇ」

と権力を誇示したいのかもしれないけど

我が家は私とあなた、ふたりだけですから上も下もありません!

子どもができたらこの兄貴風がビックダディ風に悪化しそうで怖い…

自分の生まれ育ったものって

どこに住んでも何年離れていても出てくるんですね。

せめて「やんな!」を「やんね~」に緩めるか、トーク力を磨いて欲しい。