沖縄と夫から離脱して再起を図るブログ

2018年決行予定。目指すはスムーズなDEPARTURE。夫に隠れて離婚準備始動!

空、酒、ゲオ…沖縄ならではの切り替え法で心を廃れさせないようにする!

癒しの国沖縄にいるのに夫婦問題でなかなか元気になれず…

そんな時は気分転換するのが一番。

自分にとってほっこりできる場所やモノ、心を優しく整えられる方法をいくつか考えてみました。

・空を見上げる

まずはこれ。メンタルレベルがちょっと弱いかも…という予兆を感じたらすぐ実践できるのが魅力です。高層ビルが少ない沖縄の空はサンゴ礁の海と同じくらい色鮮やか。ただぼんやりと眺めるだけでどこからともなく葉加瀬太郎エトピリカが聞こえてくるよ…。ちなみに海に沈む幻想的な夕日にも涙。ラブラブすぎる恋人を見つけると尚涙。

・南国スイーツを思いっきり食べる

ガイドブックに載っているお店からおばぁが一人で切り盛りするパーラーまで、那覇市内にはいたるところに休憩できる和みスポットがあります。沖縄名物のぜんざいやマンゴースムージー、アイスクリームが有名なブルーシールではクレープも種類豊富で(20種類以上ある!)美味しいんですよ。たまには糖分をしっかり補給して自分を甘やかしたいものです。

・りうぼうに行って酒を買い込む

沖縄にはサンエー、りうぼう、かねひで、ユニオン、丸大などの地元スーパーがひしめきあっています。勢力的にはサンエーとりうぼうの二強(だと思います)。うちの近所にはりうぼうがあるので私は週に5日通うほどのりうぼうファンです。どこが好きかっていうとワインとチーズの充実ぶり。実は私が移住してきた当時、生ハムやサラミなどの肉系つまみはどこのスーパーでもなかなか見当たらず、生ハムはあっても伊藤ハムのパック商品のみ。しかし時代は変わりました。今はカルディやドン・キホーテが進出し、地元精肉卸店でも色々な種類の生ハムを見かけるように。それと同時にチーズのラインナップも増えてヤケ酒のしやすい環境が着実に整えられています。

・歩道橋の上から58号線の渋滞を眺める

沖縄本島を南北に走る58号線。終わりのないゴッパチの大渋滞を眺めていると「みんな結構耐えてんなー」と思い私も頑張れます。すみません、勝手にリフレッシュに使っちゃって。でも本当に進まないんですよ。匍匐前進なみに進まない。刻々と過ぎていく時間。確実にメラニンを生成する紫外線。その戦いを物ともせず颯爽と走り去るバスレーンのバス。及びタクシー。58号線の渋滞は少しだけ東京の満員電車を彷彿とさせるとともに、「夫婦生活は忍耐」と笑顔で答えながらも明らかに苦労の跡が顔ににじみ出ている熟年女性を想像させます。結婚生活って本当に忍耐ファーストなんですかね?忍耐は必要かもしれませんけど、まずはお互いを想う愛が第一じゃないのかなぁ。

・ゲオで爆借りする

ラストはこれ。全然沖縄らしくはないけどディズニーランドもUSJもない沖縄ではゲオやツタヤのレンタル利用率がめちゃくちゃ高いらしいです。私も例にもれずゲオへGO!くらーいフランス映画や動物があふれんばかりに登場するネイチャードキュメンタリーを借りまくっています。旧作なら1枚70円で逃避可能なコスパもぐー。

 

以上、沖縄で免許のない私が手軽に楽しめるリフレッシュ方法でした。

空を見上げて甘いものを食べに行って酒を買い込んでゲオで借りたDVDを見る。全部まとめてコースにするとなんだかパッとしませんね。華やかな南国感ゼロ。さらに58号線の渋滞を見て癒されるってヤバし…。

せっかく沖縄に住んでいるのでもう少しキラキラしたリフレッシュ方法を過ごしたいものです。思い浮かんだらまた書きます。

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

沖縄移住を考えている二人にどうしても伝えたい!沖縄在住者が実感した夫婦で移住する場合の注意点5選

南国リゾートへの憧れや美しい海、温かな県民性に惹かれて…と理由は人それぞれですが、年齢問わず毎年多くの人が沖縄移住を果たしています。

私もその中の一人なんですが、実際に住んでみると1、2年ですぐに帰ってしまう人がかなり多いことに驚きました。

感覚でいうと5人に1人くらい。大体冬から病んでいって、沖縄に対する愚痴を私たち移住者に吐き始めて、春先に飛びますね。

AKB卒業みたいに涙をため、やりきった感を出しつつ。

そこで近々沖縄移住を考えている人、特にご夫婦に向けて経験者が実際に感じた注意点を挙げてみました。ほんの少しでもお役に立てればうれしいです。

 

第5位

運転免許はお互い取るべき

これは沖縄だけでなく地方あるあるかもしれませんが

生活の足は絶対に必要だと思いました。

ゆいレールの通る那覇に住むとしても

環境に慣れれば慣れるほど行きたい場所や見たいものが増えていきます。

美しい海に癒されたくても那覇にはビーチがひとつだけ…

免許がないと沖縄ならではの絶景に会いに行くことさえできません。

都内に住んでいるとまったく必要ないんですけどね。

維持費がかかるだけだし、駐車場代ですら一人暮らし用のアパート並みですし。

しかし沖縄移住するなら行動範囲を狭めないためにも取るべきです。

夫婦仲が悪化して一人になりたくても近所のりうぼう(県内最大手スーパーのサンエーとしのぎを削るライバル店)ぐらいしか行けませんから…

 

第4位

100万円程度の貯金で移住はしちゃダメ

引っ越し費用はもちろん当面の家賃や生活費など想像以上にお金がかかります。

100万円以下の貯金だけどすぐ働くから大丈夫と楽観的に思える人は良いのですが、自分の口座が一気に減る恐怖ったらないですよ。

また、東京と比べると沖縄の家賃や食費は安いといわれていますが、それと同じく賃金も安い。手取り20万円以上の正社員なんて余程のキャリアか専門スキルを持った人じゃないと厳しいと思います。

 

第3位 

どちらかがお膳立てタイプだと厳しい

移住間もない時期は知り合いが一人もいないため当然寂しさを感じることもあると思いますが、向こうから話しかけてくれてすぐに友人ができると思っていたら大間違いです。

沖縄の人=いちゃりばちょーでーのウェルカム気質と思うのはNG。色々なブログや記事に書いてある通り、「旅行中出会った人全員が親切だった」とか「ふらっと立ち寄った居酒屋ですぐに仲良くなれた」という出来事は観光地あるある

おおらかで温かみのある人が沖縄にはとても多いのですが、みんながみんなそうじゃありません。

東京の人だってクールな人もいるし情熱的な人もいますもんね。

友人を作りたいなら自分からGO。奥様は社交的で誰とでも仲良くなれるけれどご主人は無口で一匹狼…なんて組み合わせだったらあとあときついかも

 

第2位

子どもの事、親の事…将来のイメージOK?

「沖縄移住しよう!」と夢を追っているうちは良いのですが、その土地が自分の肌に合うかどうかは実際に行ってみないとわからない。

成功をイメージすることはもちろん大切ですが、逆に失敗した後の人生プランも話し合っておくことでいざという時に慌てません。

「そんなマイナスのこと考えなくてもいい!」とか「とりあえずやってみよう」とかすぐに言う人は最初から無責任感多め。そんな軽い冒険には付き合っていられません。

住み慣れた土地を離れるということはお互いの人生にとって大きな決断となります。仕事のキャリア、育児の環境、両親のこと、これまでの交友関係などなど、移住して10年、20年経っても後悔のないように夫婦で色々なことを話し合ってみてください。

 

第1位

 やめるときもすこやかなるときも

二人で分け合える?

他県と陸でつながっていない沖縄。

やはり何か辛いことがあってもすぐに帰ることはできません

心配をかけたくないから両親や友人にもなかなか話せませんし…

だからこそ一番に頼れるのは目の前にいるパートナーです。

あなたのご主人は移住前からあなたが辛い時に寄り添ってくれる人ですか?

あなたの奥様は悲しいことも一緒に乗り越えていける人ですか?

お互いがお互いの幸せや喜ぶことを想像して行動できる人ですか?

 「移住しよう!」「いいねいいね!」と今はイケイケドンドンな状態で相手の良いところしか見ていないかもしれません。

大きな決断の前だからこそほんの少しだけ振り返ってみてください。

 

以上、沖縄在住者が実感した夫婦で移住する場合の注意点5選でした。

気候や食事、仕事、生活面についてはいろいろな方が書いていますが

沖縄自体はやはり最高!です。

年中温かいし果物は美味しいし、仕事もそこまで困らないし

ギスギスしている人が少ない。何より空や海が美しい。

komakainohadame.hatenadiary.jp

でも、すこやかなるときは分け合い、やめるときは各自で…といったシステムだといずれはきつくなります。

パートナーへの愛が一気に冷めますのでご注意を…

結局はどこへ行くかよりも、

どんな人と過ごすかが一番大切なんでしょうね。

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

自己成長にもつながる?夫婦問題をブログに書くようになって感じた予想外のメリット5選

以前ブログでちょっぴり触れた世間が狭すぎて周囲に相談し辛いという

komakainohadame.hatenadiary.jp

悩みに直面した私は一人では抱えきれずブログを開設。

息抜きを兼ねてはじめただけですが、続けてみると予想外のメリットを感じるようになりました。

そこで今回は夫婦問題ブログを書き始めて実感した5つの良いところを紹介します。

 

第5位

自宅にいながら気分転換できる

スマホさえあればいつでも始められるのがブログの魅力。

自分の思いの丈をただひたすら書いているだけでかなりの気分転換になってます。

ちなみに「叫びの壺」もストレス発散用に欲しかったんですがあれを買ってしまうと物的証拠も残るし、「とうとうそこまで買っちまったか」という現実を思い知らされるので断念。

ブログがベストかどうかは別ですが、私にとってはリフレッシュできる場所になっています。

 

第4位

読んでもらえるのが嬉しい

自分が書いた文章を読んでもらえるのは純粋に嬉しいです。

ブログに来て下さる皆様いつもありがとうございます。

皆様は例えるなら無数に広がる夜空の星。

草むらに寝っ転がり、誰にも相談できなかった悩みを打ち明けているような気持ちになります。

 

第3位

私だけじゃないんだと思える

結婚生活で悩んでる人って多いんですね。

孤独に苛まれていた私としては沢山の勇気をもらっています。

それと同時に「嫁大好き♡」な素敵ブログも読んで今後の参考にしています。

おすすめの仲直りの仕方や家事分担の方法など、いろいろな記事を読めば読むほど、結局のところ愛こそすべてなんだと納得。

 やっぱり愛し愛される関係じゃなきゃダメですね。打算じゃなく無償のやつね。

 

第2位

冷静に夫婦問題を考えられる

発言を書き残すことにによってただ悲観したり怒りに身を任せることなく

「あの時こうすれば伝わったのかな」と過去の出来事や自分自身を客観視できるようになりました。

視野の広さは心の広さとどこかに書いてありましたがまさにその通りだと思います。

人間心に余裕がないといけませんね。表情も固くなってしまいますし小さなことでも気になるようになってしまいます。

 

第1位

過去にどんなことを言われたかしっかり覚えられる

ブログを始めてみて感じた予想外のメリット第1位はこれ。

以前は夫に暴言を吐かれても「酷いこと言われたな~」というダメージはずっと残るものの、数日経つとその言葉自体は忘れてしまっていました

夫への愛情もありましたし、根に持たない性格なので細かいことはいちいち覚えていないんですよね。

逆に夫は過去の出来事をかなり覚えているタイプ。

喧嘩になると「あの時はこう言った、こうだった」と詳細なデータを引っ張り出して来るわけです。そうなると過去の発言を覚えていない私はかなり劣勢に…

しかしブログに喧嘩の内容や経緯を断片的に書くことで事実をしっかりと振り返ることができ、的確なQ&A対応が可能になりました。

「あの時はこうだったっていうけど、その前にこういう発言があったじゃない」と。

もし私がお客様サポートセンターに配属されたら少しは使える奴になったと思います。

今まではディベート王のQに対して、私のAは「それは分かりかねます…」の一辺倒でしたからね。

王とやり合うには中間テストレベルの学習時間が必要だったんですね(涙)

komakainohadame.hatenadiary.jp

 

以上、夫婦問題ブログを書くようになって感じた予想外のメリット5選でした。

1位は自己防衛のための悲しい理由ですが、2位の内容は自分成長にもつながると思いますので今後もブログを続けていこうと思います。

これからも宜しくです。

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

柳のようにしなやかに凛と生きる。33歳で読んでおきたい本・漫画8選

ここ数か月モヤモヤしたり、爆発しそうになったり、どよーんと落ちたり。

基本的にはお茶目に楽しく生きようと思っているものの、夫婦問題が頭にチラつきどうしても感情がまとめきれておりません。

でも相手を攻めるだけのパサついた日々は送りたくない

夫との関係は別にしても、この先幸せな自分になるにはどうすればいいか。

そのためには30代の自分を見詰め直し、今できることをしないとですね!

30代に入ると勢いだけではうまく走れず、20代の助走がいかに大切だったのかを痛感しています。

今必要なのは小さなイチをコツコツ積み上げて10や100を増やしていく作業。

それもただ闇雲に積み上げるのではなく自分にフィットするイチと自分にとって不足しているイチをそれぞれ選ぶことが大切。

仕事柄ゼロイチを得意とする私としては苦手な取り組みですが、これを意識的に繰り返すことによって血となり肉となるのでしょう。

若い頃の外見に特化した自分磨きが入門編だとすれば、30代は人生の後半に向けた内面磨き。すなわち自分磨きの応用編ともいえそうです。

※ってめちゃくちゃ真面目なトーンで入ってますけど今日はずっとこの調子ですので「やっぱりオモロがいいよ!」と思った方は次回にご期待ください。

心を耕すことで実りある人生を送るために私が今不足しているイチとは折れないメンタルを養うこと。

ということで今回はメンタルが絶対成長しそうな本&漫画を選んでみました。

なかには辛さを逃れるためのトキメキ系もあるけどご容赦!

※アマゾンのアフィリエイトに参加しておらず。リンク先をポチっと押しても誰も得しませんのでお気軽に!

 Here we go!

第8位

「すてきなあなたに」

多少昭和を感じますが、やわらかで優しい言葉の選び方が素敵。

夜寝る前に読む習慣を身につけたら上品なマダムになれそう。

www.amazon.co.jp

第7位

「わたしは真夜中」

31歳バツイチ子持ち女性と年下男子のトキメキコミック。

表紙からしてアラサー達に夢を与えてくれるサービス精神、ありがとう!

現在3巻まで発売中。

www.amazon.co.jp

第6位

「春夏秋冬Days」

結婚して子どもを授かる人生、結婚して離婚する人生、結婚して離婚して結婚する人生。結婚して離婚して子どもを授かる人生。結婚しない人生。

みんな違ってみんないい。みつをの言葉が似合いそうな友情コミック。

www.amazon.co.jp

第5位

「30代あなたに伝えたい人生で大切なこと」

タイトルこそ違えど多分「〇歳までにしておきたいこと」系の教訓書。 

経験者が語る真実の言葉は金言なり。そのまま鵜呑みにしそうで怖いけどね…。

www.amazon.co.jp

第4位

「すーちゃん」シリーズ

すーちゃん=素朴系アラサーの星だと思うのは私だけ?

 心の葛藤に向き合い自分の糧とする彼女の強さに憧れます。

映画のすーちゃんたちは美人すぎて入って来ず!

www.amazon.co.jp

 第3位

「ひきずらない技術」

負の感情は訓練次第でコントロールできる。

そう聞くと希望が持てるなぁー。

www.amazon.co.jp

 第2位

「折れない心のつくり方」

私のマシュマロの心も21日間で鋼になるんでしょうか。

タイトルがうまいし猫の表紙だしで気になる一冊。

www.amazon.co.jp

 第1位

「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」

「あたしさえ辛抱すれば」は間違い。 ダイヤモンドをくれる男より、一緒にリヤカーひいてくれる男がいい。あなたの人生は、あなたが幸せになるためにある。

などなど、西原さんの力強い言葉に超共感しそうな予感。

Amazon CAPTCHA

以上、強いメンタルを作るために今読んでみたい本&漫画でした。

沖縄は台風接近中なので今週は外出するのが難しそう。

せっかくなので読書の秋を楽しみたいと思います!

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

東京から再び沖縄へ。母の言葉によって空港に向かうリムジンバスがまさかの事態になりひどく慌てた

第三者の声を求めて東京へ向かった私。
色々な方に相談して沢山のアドバイスを聞くことができました。
その詳しい内容は改めて話すとして、今日は東京最終日。
また再び決戦の地、沖縄へと戻らねばなりません。
夕方のフライトまで時間があったので母と一緒に買い物して久しぶりにオフを満喫。
他愛ものない会話をするのさえとても楽しく、心からのびのび過ごせました。
こういうのを絶対的な安心感というのだろうなぁ。
絶え間ない愛情を注いでくれる母に本当に感謝です。
しかし楽しい時間も残りわずかとなり、私たちは空港行きのバスターミナルへ。
意を決してバスに乗り込み一番前の席に座った私は窓から母へ手を振りました。
「また近いうちに帰って来るから」と話す私に笑顔で応える母。
夫婦の現状を知った上で自分の娘を送り出すのは心配でしかないと思いますが、気丈にふるまい、力強く手を振ってくれる姿に勇気づけられました。

「何かあったらいつでも電話してきていいからね。
我慢しなくていいんだから。
うちの家族はみんな味方だからね」

という母の言葉と同時にバスの発車時間を迎えました。
涙する私を乗せて走り出したバス。
母からのエールを胸に一路空港目指して進んでいきます。
ふう。さて着くまで少しだけ眠るか。
そう思い涙を拭ってリクライニングを倒した時、
バスの車内ではまさかの事件が起こっていたのです。

「ほ、本日は…ご乗車いただき、ま、誠にありがとう、ございまし…た。
それでは空港行きぃ、リム、ジン、バスを発車いたしますっ」

ん?どしたー?
突然たどたどしい車内アナウンスが流れ出し、戸惑う乗客の皆さん。
声の出所を辿ると、
運転手のおじさんの横顔からツツーっと一筋の涙が光っているではありませんか…!
母の言葉はどうやら私以外の心にも強く響いたようで、運転手のおじさんは号泣しながら成田へGO!
何このバス、
情緒不安定すぎてめちゃくちゃ怖いんですけど。

並走するトラックからこの光景を見たらマジでビビるよ。
前方で号泣してる人が二人もおりますやん。
しかも一人運転手だし…
人生色々。おじさんにも辛い思い出や悲しい出来事、
忘れられない日々があったのでしょう。
私と同じく夫婦生活がうまくいかず、ボタンの掛け違いのように気持ちがすれ違い、奥さんは子どもを連れて地方に帰ったけれど、自分は独り身で東京に残り、現在は勤続30年を迎える私鉄系列のリムジンバスの運転手として働き、休日は家の掃除と洗濯もそこそこに近所の喫茶店でモーニングを食べ、ふと広げた雑誌の1ページに故郷に流れる一等河川をバックに建つ高級温泉旅館の広告が目につき、母さん、元気かな。たまには帰らないとな。
なんていう思いがよぎったのかもしれません。
ここまで長く述べておきながらおじさんの人生に関しては100%適当な嘘しか書いていませんが、まともに車内アナウンスできないほど声を詰まらせて泣いた事実は嘘偽りなきものです。
お母さん、東京砂漠にはまだまだ優しい人がいたよ。
おじさん、みんなを乗せて走るのもいいけど、たまには実家まで走るといいよ。
感傷に浸る私を乗せたバスは私以上に感傷に浸るおじさんの運転で空港へ。
途中車内で私が強く思ったことは、愛情を注いでくれた母への感謝とおじさんの目が涙でこれ以上にじまないでほしいということ。
おじさんの涙は予想以上に長引いているので不安すぎてまったく眠れず。
おじさん、あの人は私のお母さんだよ?
私は高速乗った時点で落ち着きましたんで、おじさんもそろそろ落ち着こうか。
安全運転のためにもおじさんの涙よ止まれ!
一時間後無事に成田空港に到着したからいいけど、おじさんはこれまでどんな人生を歩んできたのか。
ちょっと気になりましたが搭乗20分前だったので結構ドライに去ってしまった私を許しておくれ…
以上、バスの乗車の際に母から愛ある言葉をかけてもらうと
当の母娘以外の人も自分のマイ母を思い浮かべて、予想以上に感動のドラマが生まれるという事件でした。
母の言葉はいつだって心に刺さる愛の爆弾だね。
おじさん、お互い頑張ろねー!

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

世間が狭すぎて相談できず…第三者の意見を求めて東京へ

買い物に行って知り合いにばったり会う。

しかもかなりの確率で誰かに会う。

なんてことは地元じゃないかぎりなかなかないと思うのですが

沖縄では結構あるんですよ。

社交性がそこまでない私でもサンエーメインプレイスに行けば

パリピ並み(いや言い過ぎ)に遭遇します。

なので昼間っからヤケ酒するーなんて下手なことはできず

世間が狭すぎて誰にも相談できず…。

Aさんに夫婦問題を相談したらAさんのご主人が

ウチの夫と仕事上で偶然つながってしまったり…。

 

家族や親戚、人とのご縁を大切にする沖縄では

簡単に色々な人とつながってしまうので

出会いが多くあるのは嬉しいのですが

家族ぐるみで交際してしまうとめちゃくちゃ諸刃なんです…

あそこは仮面らしいよー。奥さんの浪費がすごいらしい。

旦那さん家ではかなり冷たいらしい。

なんて誰かに知られると広範囲に及ぶ恐れも…。

心優しく温かな方がほとんどですし

その地域性に助けられている部分はたくさんあります。

それでも内地からやってきた島ないちゃーとしては

あまり目立たずご迷惑を掛けずに暮らしていきたい…

でもこの状況を誰かに話したい。

一家に一人坂上さんは無理なのでせめて第三者の意見が欲しい。

そんな思いがつもりつもった結果、東京行きの航空券を購入!

格安LCCでゲットだぜ!

2泊3日滞在する予定なので

年上、同年代、年下、異性、同性、

色々な立場の人に話を聞いてもらおうと思います。

結婚して以来、初めて他人に夫婦問題を話すから緊張する…。

仲良し夫婦だとみんな思っているはずだから驚くだろうなぁ。

でも勇気を出して言ってみよう。前に進もう。

ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

坂上さんウチの夫にも言ってほしい!バイキングで明かされたコウメ太夫の自分可愛がりに震えた

地下アイドルとの交際&振られ騒動で注目を浴びているコウメ太夫さん。

昨日のバイキングではご本人と元彼女が揃って登場し、

コウメさんは直筆の手紙を読み上げながら復縁を迫っておりました。

再びご縁を結ぶことができるのか、彼にとって勝負の分かれ目だったにも関わらず

手紙にしたためた内容は謝罪だけでなく

たっぷりの言い訳と彼女のマイナス面も匂わせたもの。

「僕も悪いけどあなたも悪いところがあったよね」とテレビの生放送で

堂々と開き直ったのにはびっくりしました。

これにはさすがの坂上さんも「45歳のおっさんが言う?」なんて

呆れていましたが、それそれ!それをウチの夫にも言ってほしいよー!

夫婦の問題って第三者が介入しないから、どうしても弁が立つ方に押し切られちゃうんですよね。

「両親に相談する」と言っても「お前側の味方するだろ」ってなるし。

「カウンセリング行こう」と言っても「あいつらは金が欲しいだけでまともなアドバイスはできないから何も解決しない」とのこと。

Yahoo!知恵袋みたいなネット上の相談コーナーに関しても「こういうのは暇な主婦しか見ないんだから女の味方するに決まってる」ってことで即却下…。

一家に一人、坂上さんがいれば夫婦問題はかなり解決すると思うんだけどなー。

コウメさんの件にしても女性ではなく同じ男性の立場から「いい年なのに」と諭されているんだからぐうの音も出ないですよね。

公開プロポーズは成功するどころか器の小ささが露呈する結果に…。

夫もコウメさんも、40代で自分可愛がりはもうやめましょうよ。

私も気を付けるから。

自分を大切にすることと自分だけを可愛がることは同じじゃない。

彼女はこのことをきっかけに二人の関係を見つめなおし、「あ、こいつ駄目だ」って思ったんですね。

生き物としての本能なのか、彼女自身の学習能力からか。

どちらにせよ良かったです。

私は20代の頃その見極めができず、30過ぎてからようやく気付いたけどね…。

ちなみにこの一連の様子を眺めながら夫は「完全にこれは売名行為だな。良かったな彼女有名になって」と言っておりました。

ふふ、すごいでしょ?

有名になりたいんだったらもっと精一杯爪跡を残して帰るわ!

 

ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村