沖縄と夫から離脱して再起を図るブログ

2018年決行予定。目指すはスムーズなDEPARTURE。夫に隠れて離婚準備始動!

クランク地獄脱出!ようやく仮免試験に合格したぞー!

免許取得への道のりはまだまだですが、昨日ようやく仮免合格しました!

はぁ~ここまでが長かった。

でも環境を変えるってやっぱり大切ですね。

とりあえず技能試験の様子をご報告します!

一番気になるのはクランクです

平日の午前中に行われる仮免試験。

その日は午後出社に調整して教習所へと向かいました。

試験内容のレクチャーを受けてから技能試験の待機所へ移動。

この日はMT、AT合わせて20人くらい挑戦するようでした。

ちなみに私以外の受験者はオール10代。まるで学校の教室みたいな雰囲気のなか、

となりでは「特攻の拓」を愛読しているであろう

現役ヤンキー男子(まだいた!)が臨戦態勢に入り、

「今日は決めてやんよ!」みたいな会話を繰り広げております。

教習所以外で場数を踏んでいるのでそりゃそうだよね。

たぶんS字も坂道発進も余裕なんだろうなぁ。

対する私はクランク攻略の糸口がつかめず仕舞い…

なんとか通り抜けることはできるのですが

たまにポールにぶつかったり、縁石に乗り上げてしまうため

いまだに恐怖心がぬぐえません。

試験中は後ろに誰かが乗ってる!

しかしクランクを脱出しない限りは自立への道はない!

夫から離脱するためには免許取得は必須なのです。

決意を新たにしているといよいよ順番がまわってきました。

試験官は今まで教えてもらったことのない方だったので

私としては一安心。

何度も習っている教官だったら落ちた時申し訳ないですからね…

安全確認をアピールして乗車。

よし!クランク頑張る!と気合を入れたのですが

ここで予期せぬ事実が発覚しました。

私と教官の他にも車の後ろに誰かが乗ってる!

試験の内容をろくに聞いていなかったのが悪いのですが、

実技の試験では不正防止のために同乗者が必要なんですね。

他人を乗せるなんてさらに緊張しますが、

この人もまた同じ試験に挑む仲間。

仮免ジャパンという意識を胸にいざ出発です。

焦らず丁寧に、最後はクランクを残すのみ!

本番ではスピードを出すところは出す、目視での安全確認は必ず行うなど、

これまで習ったポイントを思い出しながら進んでいきました。

たった10分間のコースなのに実際に走ってみるとすごい長い。

こんなに集中したのはいつ以来かなぁ?

今から仮免試験を受ける方には

手元にハンカチを用意しておくことを強くお勧めしたいです。

予想以上に手汗が出ますからね。

ハンカチで焦りを吸収しつつ

S字、40キロの速度指定、坂道発進を終えて

残る課題はクランクのみ。

入る角度を入念に確認したらハンドルをがっつり右に切ってGO。

どうか無事であれ!

ここだけは100%運任せで通りましたが、もはや仕方ありません。

ゆっくりゆっくり進んでいき、前輪がポールにかすりそうになりましたがクリア。

で、後輪もお願い…と祈りつつ進んでいくと後輪もクリアー!

 おかげさまでオールグリーンで通過できました!

ハァ~もう糖分一気に使い果たした気がする~!

 

仮免合格は大学受験なみの嬉しさを味わえるイベントだった

緊張しっぱなしの技能試験でしたが結果は合格!

この日は20人中10人ちょっとが受かったような感じでした。

前述のヤンキー男子ももちろん合格!

その後の筆記も無事に終えて夕方には仮免免許証をもらえました。

はぁ~良かった~。

これがゴールじゃないけれど仮免合格って地味に嬉しいですね。

下手したら大学入試の合格発表レベルかも。

帰宅したらニヤニヤしちゃいました。

たまにはこういう経験もいいものですね。

次は待ちに待った路上デビュー。

自分の運転で好きなところに行けると思うと

それだけでストレスが相当軽くなります。

今後も引き続き安全運転を心掛けながら

教習所の時間を楽しみたいと思います!

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

monoka 

私なんて5回も医大落ちていて今年も諦めずにいるんです。だから大丈夫ですよ!と年下女性からなぜか励ましをもらった漫喫の夜

表題からするといかにも私が夫婦問題を相談したかに思えますが断じてNO。

こちらの事情は一切口に出さず、ただ暇つぶしに漫喫に行っただけなんです。

それなのになぜか出会って数分も経っていない他人からこんな言葉をもらったのか。

ブログに書いている今でもまったく分かりませんが

とにかく無性に嬉しくて恥ずかしくて

マンガどころではなくなったので帰ってきました。

なんだろ?あの子、エスパーなんだろうか。

沖縄の人ってふいに激甘のパス投げてくれるよね。

わざとじゃなく、本能で優しいやつ。

なんだよ、めちゃ好きになっちゃうじゃんかよ…。

とりあえず話を整理してみる

そのお店は月に一、二度しか行かないのですが

マンガの品揃えと飲み物コーナーの清潔さが気に入っており

私はオープンスペースの席をよく利用しています。

今回も通常通りの流れで来店し、コーヒー&マンガを見繕って着席。

その時点では隣の席に座っている女性のことは意識することなく

「ああ、今日は少し混んでるのかな~」くらいに思っただけでした。

で、そこから一時間経過。

ずっと読みたかった「鬼滅の刃」を一気読みして大満足していたら

隣りから結構な声量が漏れ聞こえてきたのです。

「…そうなんだよー」

「はぁー、だから私はさー」

「うん、でも頑張るしかないよね!」

……!?

え?

か隣りの人って、一人客だったよね?

なにこの会話量、独り言の域軽く超えてんすけど。

我が家の会話よりだいぶ多いんすけど。

マンガに集中していて全然気付かなかったけど

もしかしてずっと喋ってたの?

いやいや、さすがに一人じゃないよね。

電話だよね。そうだ、きっと電話だ…。

と思いながら恐る恐る鬼滅の刃越しに彼女を覗いてみると

やっぱりスマホなんて一切持ってねえ…!

マンガこそ手元に置いていますが、めちゃくちゃ独り言放ってました。

一見するとスプーン的なおしゃ可愛い感じなのにほわい…?

そこで私は素知らぬふりをして鬼滅を返しにいけば良かったんです。

そうすれば何事もなかった。

次は「おひとりさま出産」だとか「深夜のダメ恋図鑑」を読んで自分の傷を舐めていれば良かったんです。

でも、こんなに近くでラジオのDJなみに独り言をつぶやく人なんて生まれてだったから…

あまりの驚きで数秒反応が遅れてしまった隙を彼女は見逃さなかった。

「あっ!すいません!私、独り言の声が大きいってよく言われるんですよー」

彼女は他人に見られて青ざめた様子もなく、

余裕の笑顔で私と対峙したのであった…

予想外の出来事を前に上手い切り返しなんて出てこない

失敗談を後日友人に話すと「その時こうすれば良かったじゃん」などと言ってくる人がいますけど、冷静になってみたらそりゃ出来るよ?

でも、突然の事態で上手い切り替えしなんてお笑い芸人でも行き詰まっている人はたくさんいるじゃないですか。

今回はまさしくそんな感じの状況でした。

まったく動じていない彼女に対して「いやいや!全然そんなことないですよ!大丈夫です!」などと焦りまくる私。

全力で否定はしたものの、興味本位でじっと見つめていた事実は隠しようもなく

そこからなぜか会話が始まってしまい、気付けば彼女の口からタイトルのセリフを頂戴することに…

あらすじを書いても結局分からずじまいでしたね…

ここまで改めて書いてみたものの、

なぜ彼女に励まされたのかはやっぱり不明ですね。

会話のターン数としては数える程度のものだったのでさらに謎は深まるばかりです。

「お一人ですか?」「は、はい」「私もなんですよー」と続き、

「あの、私よりも年齢上だと思うんですけどおいくつですか?」

という彼女からの質問に答えたあと例のセリフがやって来ましたからね。

「私なんて5回も医大落ちていて今年も諦めずにいるんです。だから大丈夫ですよ!」

この唐突感たらすごすぎた。

拾おうとしたら手元で一瞬消えたからね。

33歳という年齢から彼女は一体何を感じたんでしょうか。

あの口調だと同情でも哀れみでもないんだよなー。

もしや何か見えてるの?宜保なの?

みんながみんなそうではないけど沖縄の人ってとってもきれいな目をして

たまに核心をついてくるような気がします。

決して攻撃目的ではなく背中を撫でてくれるような優しさで。

それがね、とにかくズルい。

恐ろしいほどズルくて魅力的なのです。

沖縄で暮らして良かったと思うのはこういうところもあるなぁ。

でも今度独り言ガールに遭遇したら次は放っておこう…

どうか医大受かりますように。

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

monoka 

私は何が許せなかったのか?改めて考えると一番はやっぱりこの理由だな

仕事も頑張ってくれるし、家事も一緒にやってくれる。

昭和の亭主関白夫や若い女至上主義の浮気男に比べたら

夫に不満を言うことは贅沢なのだと思います。

私だって以前は「でも優しいところもあるし」「でも根は悪人じゃないし」などと

嫌なことがあっても良いところを見詰めるようにしていました。

でも、最近ではそんな思いよりもカバーできないくらいの辛さを感じるのです。

それはなぜかというと、夫のたったひとつの暴言があまりにも衝撃だったから。

その言葉とは「お前みたいな奴が母親になったら子どもがかわいそう。だから子どもはいらない」

このセリフね、一度だけかと思ったらその後、二度三度も言ってきましたからね。

もう、聞こえてるから!おじぃちゃん何度も言わないで!

聞ーこーえーてーるーかーらー!レベルで繰り返されています。

女性ホルモン下降気味の33歳の立場でこのセリフはきつかったYO~。

私の性格のせいで子どもは断念したという一方的な理由を押し付けられ、

自分の自信すら打ち砕かれて、沖縄で誰にも相談することもできず…。

子どもの夢も叶わず、現状維持のまま仮面夫婦を続けるのかと思うと泣けてくる

自分の未来がいきなり真っ暗になったように感じたんです。

「今はあまり考えられないけど、関係を修復したいと思っている」とか「あの時は言い過ぎた。本心じゃないんだ」とか、フォローしてくれたら傷も多少は回復したかもしれませんが、夫はそんな気遣いなど一切なし

自分がフォローされなかったら明らかにスネるくせに(ちなみに、この現象を私は密かにスネリと呼んでいます)こちらにはサポートセンターの開設予定なし。

彼の流儀はあくまで正直な気持ちを伝える直球勝負なんです。

好きなどは言わず、マイナスの言葉の球種のみ揃えた神童。

彼が投げる球、本当に重いんすよね。

メジャーの吾郎君ばりにエグって来る。

で、その剛速球を何度も受けているうちに我が家の寿也こと、私は想像したわけです。

こんなすごい球、この先何十年も受けてたら身が持たねえと。

キャッチボールってさ、相手が取りやすいように投げるのが基本だと思うんです。

でもさ、うちの吾郎は違う。やたらと足首とか顔面とか狙ってくる。

もはや野球ではなくテニプリのルールになってる。

たぶんストラックアウト出たら確実に賞金もらえると思う。

そうかと思えば、義母にはアイドルの始球式なみのボール投げてるのもキモイ

寿也が拾うにも限度があるし、未来のないキャッチボールはスカッシュのコートでやってほしいよ。もちろん一人だけで。

そんなことを家族連れで混み合う「りうぼう」で毎週末思うのが辛いわけさー。

子どものいる家族ってキラキラしてるよね。

もうさ、まぶしすぎて朝市行く足が遠のくのよ。

平日になるとちょっとだけほっとしてしまう自分がイヤだ。

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

沖縄が誇るサロンパス風味の炭酸飲料ルートビアから学んだ、嫌われる勇気

以前はそんなんじゃなかったのに

最近、無性に甘みが欲しくてたまりません。

ブラックのコーヒーを頼むとしてもケーキを追加してみたり、

居酒屋では白桃サワーを飲んでみたり。

30過ぎになると味覚も変わるんですかね?

それとも睡眠不足の反動?

まぁ夫婦問題のストレスって線が妥当ですけど…

で、そんな私が最近愛してやまないのがルートビアでございます。

ルートビアというのは

沖縄のファストフードチェーンA&Wで販売している炭酸飲料です。

SでもMでも店内であれば無限におかわり自由という、

もはや水のような飲み物なのですが、

その味はめちゃくちゃ甘くてパンチ力大。

様々なウェブ記事で書かれているように、

サロンパスをコーラでじっくり浸したような飲み物とそのまま思っていただいて結構です。

しかも超絶甘い。

たぶんマックスコーヒーレベル。ほぼキャンディ。

その超個性的かつ不健康的なドリンクにも関わらず

A&Wでは主力飲料に据える信頼度の高さを誇る

驚きの現象が起こっているのです。

地元の学生はもちろん、還暦をとっくに過ぎているであろうベテランうちなーんちゅ(沖縄の人という意味です)まで皆ぐびぐび。

そしておかわり。おしゃべり。おかわりの止まらないループ。

でもね、これはルートビアラバーにとっては当たり前の状態なのですが

免疫のない人にとっては賛否両論の飲み物。

たまに旅行者の方がチャレンジして「うーん?」みたいな顔になっているのですが、

その反応こそが正しいとすら思います。

だって本当にサロンパス風味の激甘コーラですもん。

なのにA&Wに行ったらルートビアやさ~」みたいな人も確実にいて

美味しそうにゴクゴクいってる。

それを見るたびに私はルートビアの凄さを感じざるを得ないのです。

嫌われたっていい。みんなから好かれなくたっていい。

熱烈に好きな人が一人でもいたらいい。

そんな愛のメッセージをサロンパス風味の激甘コーラからひしひしと感じます。

そしてルートビアになれなかったかつての自分を思うのです。

夫に気持ち良く過ごしてもらいたいから、

地縁も人脈もない沖縄で夫婦二人しかいないからせめて問題なく過ごしたいと思い、

話し合いも途中で諦めてしまったことが多々ありました。

「もういいよ。私が悪いでいい」などと言って。

でもそれは結局、仲良くするためではなく

嫌われたくなかったから顔色を伺っていただけだった。

自分の本当の気持ちからずっと逃げてストレスばかり溜め込んでいました。

なので夫とこういう関係になってしまったのは私の責任でもある。

ルートビアをごくごく飲むたびにそう思うわけです。

今度は嫌われる勇気、持つよと…。

ファストフード店で学生さんがキャッキャ言っているところで

33歳の女は一人、真剣な顔つきでルートビアを飲みながら

そんなことを誓っております。

「え~!本当にサロンパスみたい~!」

「でもコレ好きかも!たまに飲みたくなるかも!」

「マジで?ちょっと甘すぎじゃね?」

みたいなお決まりトークをカップルが繰り広げている横で

毎回飽きもせず真剣に思っています。

ビアと言っていますがノンアルコールなので酔いもせず。

ただただ水っ腹になりながら。トイレとお替りを間に挟みつつ。

沖縄旅行を計画中で嫌われる勇気を持ちたい!という方がいましたら

ぜひこの機会にルートビアを飲んでみてください。

強烈な味にきっと勇気をもらえるはずです。

 

 ちなみにA&Wのホームページはこちらです。

A&W沖縄 | ファストフードレストラン「A&W」を運営。ルートビア等のメニュー、キャンペーン、店舗情報。

私のおすすめは県産鶏を使ったチャビィチキンと

昼に食べたら夕食すらいらなくなるThe A&Wバーガーです。

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

免許と仕事。とりあえず目の前のやるべきことに集中するぞ!

何度も話し合いを重ねていますが

未だに夫婦の溝は埋まらず。 

なのでしんどいシリアスタイムはひとまず置いて

今は目の前のToDoListに集中すべし!

10月末までに私がやるべき目標を宣言します~!

1、仮免試験に合格する

まずはこれ!

車社会の沖縄において車は必須。

そんな中、三十路にもなって免許を取りに行くのは私だけ。

教習所に顔を出すたびにヤングな学生たちから

「あの人、ヤバい運転で免許没収されたの?」

みたいな雰囲気になっていますが、違うよ!

この年でまったくのピュア!トーシロだよ!

と心の中で叫んでいます。

とりあえず試験は何度も落ちても良いから今月中に路上に出たい!

シャバの空気を吸いたい!

2、仕事をしっかりこなす

とりあえずこれもマスト。

あと少しの沖縄ライフ、

南国の風に吹かれながら仕事ができる幸せを噛みしめようと思います。

美味しいごはんを食べて、きれいな海もたくさん見なくちゃ。

3、東京でのビジネスプランをスタートさせる

東京でも働くつもりですが、

沖縄での経験を活かしていくつかのビジネスを始めたいと思っています。

とりあえず今月はその下地になるような準備を開始。

ランサーズで助っ人を探し中です。

どなたか30万円くらいで

ポータルサイトのデザイン構築してくれる人いませんか?!

あとは・・・

1~3のToDoListを制覇したら自分へのご褒美として

本を買いまくる!一人旅に出る!

ネットカフェに行きたい~!

え?贅沢しすぎ?

いやぁ、これくらいじゃないとメンタル持ちません。

今の私のメンタル、スポンジなみですから(汗)

とりあえず頑張るぞー!

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

夫婦円満の友人に思い切って電話相談したところ幸せアピール&緩やかなマウンティングを食らい、その人の本性を知ってしまった夜

夫婦問題を今まで誰にも話してきませんでしたが

思い切って数人の友人に相談することにしました。

その中の一人、同世代で結婚3年目の女性に話したところ

思いもよらない展開になり驚きまくっています。

相談の内容は夫の悪口を純粋に並べたてるというよりも「こういう時ってどうしたら良かったと思う?」といったQ&A方式だったのですが、彼女の口から出たAは…

「うーん、分からないなぁ~。うちのダンナはそんなことで怒らないし、そもそも私たち喧嘩しないしね。ずっと二人一緒にいても飽きないって感じ」

……

……えぇーー?

Qの答えどこ行った?

明確なAが全くないし、コメントのほとんどがノロケを占めいてるのは気のせい?

戸惑う私をよそにその後も彼女のアドバイス(?)は続き、

「ていうか気付くの遅すぎだよー。もっと若いころだったら良かったのに」

「うちのダンナみたいに優しい人を選んだら良かったのに」

「そもそもそんな相手となんで結婚したの?」

などのアタックを連続で食らうはめに…

〇〇ちゃんってこんな人だったっけ?

こんなに矢を放つタイプだったっけ?

これって悪意で言ってるの?それともナチュラル?

実は私って嫌われてた?

◯◯ちゃんが5年間付き合った彼氏と別れた時一緒に泣いたよね…?一週間夕食一緒に食べたよね…?

私の頭の中ではなぜかB'zの「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」の 歌詞とともに、友人の性格や楽しかった友情さえも崩壊しかけるほどの衝撃が走っていました。

前はもっとおっとりとしたほんわか系だったのに今さらキャラ変した?

さらに彼女は「前から思っていたんだけどご主人って太りすぎだよね。komakainohadameちゃんだったらもっと格好いい人を選べたのに。うちのダンナはちょっと濃すぎだけどまだ見れるし。でもさ、とりあえず次行くときは自分磨きも頑張らないとね!最近会ってないけどおばさん化したんじゃない?」との追い討ちエールを送る送る…。

あの~、恋愛フィルター掛かってたとはいえ仮にもまだ私の夫なんですが…。

しかも私に対する評価までストップ安…。

相談に乗ってもらっているのはこっちなので文句は言いませんが、これは善意のアドバイスなのでしょうか?

円満夫婦のアドバイスは思った以上に上から来るよ。アジアの壁(バレーのほう)大竹のブロックよりもさらに上を行くよ。

勝者だったら何でも許されるの?

勝てば官軍、うぇーい?

とにかく、何もそこまで言わなくても…。

と言葉を濁した私に対して「良かれと思ってるのに!」と怒りさえも滲ませる◯◯ちゃん。成功者が金言を授ける~感が半端なかったです。

女のマウンティングってエグイね。

幸せなら、心が満たされているのなら、その優しさを少しでも分けてくれたら

いいのになぁ~。

以上、友人に夫婦問題を相談すると、その人の本性も知ることになるという話でした。

とりあえず◯◯ちゃんに相談するのは今回かぎりに決定。

ハムラビはしないけど何だかどっと疲れたわ…。

ルートビアをがぶがぶ飲みたい…。

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村

お見合いのシステムは意外とアリ!早めに両親と会ったほうが夫の人格形成の環境が分かるのでその後の性格の読み違いが減るかも

義両親の不仲問題を前にして何も動こうとしない夫の話をしましたが

よくよく考えてみたらお互いの両親を見ていると

育った環境や物の価値観、子どもへの愛情表現の仕方など

笑っちゃうくらい違うことに改めて気付きました。

komakainohadame.hatenadiary.jp

 夫の家は地方ですが駅前にビルを持っている代々続く地主。

ご両親はお金が大好きで期待を裏切らない性格です。

家族が全員揃うことはほぼなく、会話はビジネスの話が中心。

一方、私の両親はお金よりも愛に生きるタイプ。

昔から「いくら払った」とか「いくらだった」みたいなお金の話は会話に出ず

誰かの誕生日になると必ず集まってお祝いをするような家族です。

いかがでしょう?

こうしてざっくり書くだけでも違いが分かりすぎますよね…

恋愛フィルターがかかっていたとはいえ

なぜもっと早く気付かなかったんだろう…

親の姿=夫の未来の姿ではありませんが、夫が育ってきた環境が多少なりとも人格形成に影響しているのは明らかなのに…

私に対する愛のない暴言や、自分の嫁よりも母親をフォローするマザコン気質。

夫はきっと幼少期から充分な愛をもらっていなかったのかもしれません。

だってお金=愛のようなご家族ですから。

なので人を愛することも分からないし、愛情表現もうまくできない。

でも母親にだけは愛して欲しいと思っている(切ないな…気付けよカーチャン!)

そんなところじゃないでしょうか?

だとしたらどんなに私が心を込めて伝えようとしても伝わらないことなんて山ほどあるわけです。

気付くの遅いけど、遅すぎるけど、ようやく納得。

そんな夫でも愛してるから大丈夫!むしろ大海のようにドバドバと絶え間ない愛情を注ぐわ!藤壺なんて忘れさせたるわ!なんていう心の広い人もいるのでしょうが、私には無理でした。

この教訓を活かして次回のチャンスではなるべく早めに親御さんと会っておきたいと思います。

良くも悪くも「親の顔が見てみたい」。

全国の結婚相談所の皆さま、ぜひともこの言葉を婚活用語として活用していただき、第二第三の私が生まれないことを願うばかりです。

 

夫にばれない程度にランキング頑張りたいです。応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 那覇情報へ
にほんブログ村